Tweet
天使のビューティ&ヘルスコラム
天使のビューティ&ヘルスコラム

記事のタイトル

雑誌の見出しに踊る「ダイエット」の大きな見出し。ついつい気になって思わず手にとってしまいませんか? ダイエットは私たち女性にとって永遠の課題です。このところ特に、30代の女性の方から「若い頃のように痩せなくなった」とか、「最近太りやすくなった」とか、そんなお悩みをよく耳にします。 それもそのはず! 年齢を重ねるごとに私たちの体の基礎代謝は低下しているので、だんだんと脂肪が燃えにくい体になっているのです。そんなところに、無理な食事制限などでダイエットをすると、一時的には痩せても、根本的にはさらに代謝が下がって、リバウンドしやすい体になってしまったりします。若い頃と同じような食事制限だけをするようなダイエットでは、逆効果になのですよ。 では、30代の女性がキレイに痩せるためには、いったいどうすればいいのでしょうか。

腸をキレイにすると、太る原因もなくなる?!

ダイエットというと、炭水化物や糖質の制限などがパッと思い浮かぶと思いますが、「腸をキレイにする食事」こそ、あなたに注目してもらいたいのです。 まず、腸内環境が整うと便通がよくなるので、おなかがスッキリして、ぽっこりお腹もへこみます。見た目にもおなかまわりがスッキリし、わかりやすくスタイルが変わりますよね。この見た目効果は、ダイエットの始めの一歩として有効です。効果を実感できると、楽しくなりますし、続ける意欲がわいてくるからです。また、腸がキレイになると毒素の排出がうまくいくようになります。そうすることで下がりつつある基礎代謝もアップ! 燃えやすいカラダづくりにつながるのです。 さらには、腸がキレイになると、「甘いものが無性に食べたい」とか「暴飲暴食したい」といった気持ちが起こりにくくなるんだとか。これは、腸の状態が良くなることで、ハッピーホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌量が増え、精神的な安定が促されるためです。下手な食事制限をすると「食べたいのに食べれない」というイライラが生まれてしまいますが、腸をキレイにすることに着目すると、ダイエット時のストレスともサヨナラできそうですね。

痩せるだけじゃなくて、美肌効果も!!

いろいろとうれしい変化がある、腸に注目したダイエット。私たち女性にとって一番うれしいのは、なんといってもキレイがキープできるという点でしょう。せっかく痩せても、お肌がボロボロでくすんだ顔では台無しですものね。スッキリとしたプロポーションと美肌の両方を手にいれたいですよね! 腸内環境が整うと、毒素がしっかり排出されるので、吹き出物やくすみのといった肌トラブルの心配もなくなります。ビタミンやコラーゲンなどの美肌にうれしい成分がしっかり腸で吸収されるので、キレイを手にいれながらダイエットにチャレンジできるのです。女性にとっては一石二鳥の、理想のダイエットというわけなんですね。

乳酸菌が腸キレイをサポート!

では、腸をキレイにするためには、どうすればいいのでしょうか。そのカギをにぎるのが「乳酸菌」です。 少し話しは変わりますが、テレビで有名なあの大食い女王は、調べによると腸内の乳酸菌が通常の2倍もあるのだとか! 豪快な食べっぷりとは裏腹に、スリムなボディをキープしている彼女にとって、乳酸菌が欠かせないのは事実です。乳酸菌のバランスが整うと、腸内環境も改善し、老廃物を排出しやすくなります。結果として代謝がアップし、脂肪が燃えやすなり、さらには美肌にもつながります。乳酸菌は太りにくいカラダづくりと美肌キープの強い味方というわけです。

腸をキレイにして太りにくいカラダを作ろう

ダイエットはただ手探りでチャレンジするだけではいけません。毎日の食事はもちろん、サプリメントなどで効率的に乳酸菌を摂取して、カラダの中をキレイにすることで、根本から太りにくいカラダへ変えていき、美肌も手に入れましょう。

ポイント
テレビで有名な大食い女王は、乳酸菌が通常の2倍もあるそうです。乳酸菌が多いと腸内がキレイになって代謝がアップし、燃えやすくなります。太りにくいカラダづくりをサポートしてくれる乳酸菌で腸をキレイにして、スタイルもキレイになりましょう