Tweet
天使のビューティ&ヘルスコラム
天使のビューティ&ヘルスコラム

記事のタイトル

ダイエット方法としても人気の高いファスティング。気になるのは、ファスティング後の食事です。とくに注意したいのは、体重のリバウンドです。

リバウンドを防ぐためには「回復食」の摂り方が大切です。回復食の目的やおすすめのメニューについて、おさらいしてみましょう。

回復食の目的とは?

回復食とはファスティング後に、徐々に消化器官を食べ物に慣らすための準備食です。ファスティングでは食事を摂らない期間よりも、回復食の方が重要とも言われるほど大切なポイントです。回復食の大きな目的は、次の3つです。しっかりとその目的を意識して実践しましょう。

1.リバウンドしないため

ファスティング中は食事を一切口にしないため、カラダが一時的に飢餓状態になっています。そのため回復期間は食べ物からの栄養吸収率が高く、いきなり通常の食事に戻すとリバウンドしやすくなるのです。また、ファスティングで我慢した分、食べ過ぎてしまうという危険性もあります。

2.休めた消化器官の働きを徐々に取り戻すため

胃腸を休ませることも、ファスティングの大きなポイントです。せっかく休んだ胃腸に負担をかけないために、回復食で徐々に食事に慣らすことが大切です。

3.食事のおいしさとありがたさを、実感するため

ファスティング後は味覚が敏感になり、食べ物のおいしさを、より感じやすくなります。回復食は食材を味わい、カラダに良い食べ方や食べ物を意識するうえでも大切なポイントなのです。

回復食のNG行動

回復食は消化が良く、胃腸に負担をかけない食事を心がけましょう。とくに次のような食べ方はNGです。なぜなら、いずれも消化に時間がかかり胃腸への負担の大きいからです。せっかくのファスティングのメリットが台無しになってしまうばかりでなく、体調を崩してしまう可能性もあるため注意しましょう。

  • 復食1日目から固形物を食べる(お粥はOK)
  • 油や糖質の多い食事
  • かまずに食べる
  • 肉や乳製品など消化の悪い食材を使う

おすすめ回復食メニュー

回復食では、どのようなメニューが良いのでしょうか
一般的な3日間ファスティングの復食期間とされる3日分の回復食おすすめメニューや、気をつけたいポイントをご紹介します。

1日目「重湯やお粥+具ナシ味噌汁」

お粥以外は、3食とも固形物は食べないようにしましょう。特に1食目は胃腸を目覚めさせる大切な食事になります。重湯でおなかの様子をうかがうくらいが、丁度良いでしょう。

2日目「白米のお粥+具を加えた味噌汁」

お粥に加えて、具入りの味噌汁で固形物に慣らしていきます。具は豆腐、わかめ、きのこ、柔らかく煮た大根などを使い、こまかく刻んで消化を助けるようにしましょう。味に飽きたら、洋風の野菜スープにしてもOKです。

3日目「白米や玄米のお粥+野菜の味噌汁+温野菜サラダ」

復食最終日の3日目には、さらに固形物を使えるようになります。お粥や柔らかめのリゾットに、野菜入りの味噌汁やスープでバラエティー豊かに。温野菜サラダや、野菜の煮物、納豆も食べることができます。

また、回復食に「天使のパウダー」を摂り入れるのもおすすめです。「天使のパウダー」は植物性ナノ乳型酸菌配合で、スプーン1杯分がヨーグルト約15個分に相当するとされています。整腸効果が期待されるため、ファスティングでキレイになった腸を保つのにも良さそうです。

回復食は和食と”まごわやさしい”がポイント

回復食におすすめしたいのが「和食」です。その理由は、「脂質が少ない」「消化が良い」「さまざまな食材を食べることができる」という点です。煮炊きする調理方法が多く、油をあまり使わずカロリーセーブができるのもメリット。ダイエット目的でファスティングをする方は、これを機に和食中心の生活にシフトしてみてはいかがでしょうか。

また、食材選びでは「まごわやさしい」をポイントに!栄養バランスを良くする食材とし昔から語呂合わせで使われている言葉で、豆類、ゴマ、わかめなどの海藻類、野菜、魚、しいたけなどのキノコ類、いも類をあらわしています。通常食に戻してからは、1日でこれらの食材を組み合わせて食べることが理想です。

まごわやさしいのイラスト挿入

和食は食材の味を生かしたシンプルな味付けが多く、糖質や脂質の取りすぎ防止につながり、結果的にリバウンド予防にもつながりますよ。

回復食は食の意識改革

回復食は、単にファスティングと通常食のつなぎの食事ではありません。ファスティングから回復食までの期間は、食事のおいしさを再認識できる貴重な経験になるはずです。そうした意味で回復食は、健康的な食生活を意識するきっかけといっても良いでしょう。シンプルだからこそ丁寧に味わうことで、食生活全体を見直してみてはいかがでしょうか。

ポイント
ファスティングの回復食は、むしろファスティング中よりも重要です。回復食を丁寧に味わって、ファスティングの効果を最大限に感じましょう!

まとめ

ダイエット方法としても人気の高いファスティング。
リバウンドしないために気になるのは、ファスティング後の食事である「回復食」。
リバウンドしにくい、胃腸に負担のかからない回復食とは?
回復食の本来の目的やおすすめのメニュー、食材などについてご紹介します。