Tweet
天使のビューティ&ヘルスコラム
天使のビューティ&ヘルスコラム

腸は免疫力アップのカギ!腸内フローラを整えて健康美を目指そう

寒い季節が訪れると気になるのが風邪やインフルエンザの予防。いつでも元気に過ごすためには、免疫力アップに重点的に取り組みましょう。特に、免疫力と大きく関わるのが「腸内環境」です。
腸内環境を整えると、健康だけでなく、美容にも良い効果が期待できます。手軽に取り組める腸の健康管理を始めましょう。

「腸内フローラ」を整えよう

腸内には多くの菌があり、その数なんと、約100兆個。体を構成する細胞が約60兆個ですから、かなり多いことがわかります。そうした菌たちが腸の中に存在する様子が花畑のように見えることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。
腸内フローラを形成するのは、大きくわけて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類。腸を健康な状態に保つためには、このバランスがとても大切なのです。

ポイントはもちろん、善玉菌を増やすこと。本来、悪玉菌よりも善玉菌が多い状態が理想なのですが、ストレスや暴飲暴食、睡眠不足といったライフスタイルの影響で悪玉菌が多くなりがちです。
悪玉菌が増えると、日和見菌が悪玉菌に傾き、悪さを始めてしまいます。免疫力の低下だけでなく、下痢や便秘になりやすく、太りやすい体になってしまうのだとか。さらには、がんのリスクを高めるといった報告も。悪玉菌が増えやすい環境になりがちな現代人にとって、善玉菌を増やすのは習慣にすべきことといえるかもしれません。

免疫細胞の60%は腸にあり

免疫は、健康で過ごすために欠かせないもの。外から入ってきたウイルスや細菌といった有害な異物と戦い、排除することで、体を正常に保つという大切な機能です。
免疫細胞は全身にありますが、なかでもダントツに多いのが腸内。腸には全身の免疫機能の約60%が存在するとされており、人体最大の免疫臓器とも呼ばれています。

腸は食べたものを消化吸収してくれるだけの臓器と思われがちですが、実は、体の免疫をつかさどる中心のような存在なのです。つまり、免疫力を高めるためには、腸が健康でなければいけません。感染症を予防し、日々を元気に過ごすためにも、腸内環境を整える必要があるのです!
腸内環境を整えるために欠かせないのが善玉菌。善玉菌を助けるためにおすすめなのが、乳酸菌の摂取です。善玉菌を優勢にし、腸内のバランスを取り戻したいですね。

ナノ型乳酸菌ならしっかり届く

乳酸菌といっても、その種類はさまざま。代表的なのが、ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌です。そのほか、漬物に含まれる植物性の乳酸菌もあり、手軽にとれる食材ばかりです。毎日の食事にとり入れている人も多い乳酸菌ですが、一方で、なかなか効果を感じないという人もあるようです。

それもそのはず、実は、乳酸菌のサイズが問題だったのです。腸の免疫機能を左右するのは、小腸内にある「パイエル板」と呼ばれるもの。パイエル板には、粒状の免疫細胞がぎっしり詰まっており、腸内において免疫の要となっています。
しかし、このパイエル板は、非常に小さいもので、通常の乳酸菌が直接届くことはできません。パイエル板の機能を高めるためには、きちんと中まで届く乳酸菌をとる必要があるというわけです。

そこでおすすめしたいのが、ナノ型乳酸菌です。ナノ型乳酸菌とは、従来の乳酸菌の粒子をバラバラに加工して小さくしたもので、その小ささは、従来の乳酸菌と比較すると、なんと約100分の1。1ミクロンより小さいナノサイズの乳酸菌なら、パイエル板の中までしっかり届くというわけです。パイエル板に届いたナノ型乳酸菌は、通常の乳酸菌より多く吸収されることで、善玉菌の働きを助け、免疫細胞の活性化が期待できます。

腸内ケアで、目指せ健康美!

免疫力が高ければ、風邪やインフルエンザ等の感染症を予防でき、不調の少ない日々につながります。また、腸の環境を整えることで、便通の改善や美肌効果も期待でき一石三鳥! 腸のケアは、健康美を作ってくれるもの。今すぐ腸内ケアを始めて、元気な体を手に入れましょう!

日本人は発酵食品を好んでとることから、腸内環境は決して悪くはありませんでした。しかし、食の欧米化によって、和食離れが進むうちに、徐々に腸内環境にも悪い変化が出てきたのでしょう。その結果、免疫力が低下してアレルギーに悩む人が増えてしまったのかもしれません。

ポイント

腸内フローラを整えることで免疫力アップにつながります。ナノ型乳酸菌で腸内フローラを整え、免疫力アップを目指しましょう。乳酸菌を摂取しているけれど効果を感じられないという方はナノ型乳酸菌を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。